繊維の街 岡山県倉敷市児島の伝統をお届け致します。

学生服や国産ジーンズ、細幅織物を代表する繊維の町として栄えた児島。

そんな伝統ある町、児島で昭和38年に組紐製造を開始しました。

組紐の素となる糸から選定し、半世紀にわたり確かな技術を確立し操業を行ってきました。

伝統ともの作りに携わる高き志により生産された組紐をもっと多くの人に身近に感じて頂きたい。

組紐に「braidinterior」としての新たな息吹を吹き込む為、手作業により一つ一つ丁寧に編みこみます。

Made in japan product「Spindle」。

繊維産業発祥の地から皆様へお届け致します。

Products
「Spindle」の原点組紐について

組紐  Braid

「Spindle」の拠点である倉敷市児島唐琴は古くより織物の産地として栄えました。そんな織物の産地で昭和38年に操業を開始し、魚網や釣り糸をはじめとする様々な産業資材組紐や、アパレル向け服飾資材組紐を製造してきました。近年ではorganiccottonをはじめとする環境と人に優しい繊維を使用した組紐を確かな技術で製造しています。

染色 Dyeing

繊維の町児島。学生服やジーンズ、細幅織物といったあらゆる繊維に必要不可欠な染色工程。acrylicやpolyesterに代表される化学繊維やcottonやhempenに代表される天然繊維。その染色技術は古より現代に受け継がれてきました。特にジーンズに深く関わる染色メーカーが多く軒を連ね、その確かな技術によりもの作りの町を支えています。

News
お知らせ

お知らせ一覧へ