• Home
  • Spindleとは

1本の「糸」から「組紐」へ
そして「組紐」から空間を演出する「braid interior」へ

昭和38年創業

創業当時、魚網や釣り糸等の産業資材を中心に生産を開始。
多くのお客様の御要望を頂戴し、厳しい試験基準や仕様基準を満たした組紐を製造販売。
その後アパレル産業資材、雑品資材に進出しその高い技術・管理体制で
多くのスポーツブランド様、アパレルブランド様、シューズメーカ様、包装資材メーカー様から
御依頼を頂戴してきました。

操業から53年。

純然たる組紐生産工場としての確かな技術を背景に、半世紀に亘り製造された組紐製品は
「今」単なる付属資材としてだけではなく、空間を演出する「素材」としての可能性を秘めています。

Made in Japanとしての誇り。

組紐製品に使用される糸から選定、岡山県の地場で染色工程を施し、
その後幾つもの工程を経て製紐機と言われる専用機に仕掛け組紐を製造。
熟練の技術によって製造された「組紐」は装飾性は勿論、耐久性・堅牢性にも優れており
「interior」素材としての可能性は無限大です。

そんな可能性を秘めた「組紐」を弊社専属の作家が一つ一つ丁寧に手作業で
編みこみ、仕上げ、息吹を吹き込む事により他製品とは一線を画す、
今までにない新たな空間を演出してくれます。

温故知新。

半世紀に亘り先代より受け継がれ、積み重ねてきた伝統技術を駆使し組紐を製造。
そして今「interior」としての可能性を引出し現代版へとupdate。

「ふるきをあたためてあたらしきをしる」

是非一度お手に取って頂き、伝統と革新が織りなす「braid interior」をお楽しみ下さい。